即日融資可能かどうかの前に専業主婦がキャッシング申込できるの?

収入のない専業主婦でも即日融資が可能なのか?結論からいうと、

 

現在は専業主婦の即日融資は不可能になってしまいました。さらに専業主婦が申込めるカードローンも激減しています。


その理由は上の図のように総量規制施行後、自己破産者は減少の一途を辿ってきましたが、ここ数年で増加に転じてしまい、対策の必然性を感じた金融庁は貸付残高の増加の一途を辿る銀行カードローンの規制に乗り出しました。

規制されることを嫌ったメガバンクを含む全銀連は、まず自主規制することで貸し過ぎの改善のアピールをしました。その自主規制の一つに、

 

与信のない専業主婦の申し込みを受け付けない


ということがあり、これで専業主婦が申込める銀行カードローンが一気に減りました。更に金融庁は、即日融資のサービスが簡単に借りれるということを助長しているということで、

 

全銀行のカードローンに関しては、審査の際に独自の調査に加えて警察庁の反社会勢力データベースに照らし合わせる事で、審査が申込日当日に終わらないようにし、全銀行のカードローンの即日融資を不可能にしてしまったのです。


ですので、消費者金融や信販会社などの総量規制の対象業者は専業主婦の申込を不可としているので申込めませんし、銀行カードローンも上記のように自主規制しているところが大半ですし、銀行カードローンは即日融資すら不可能な状態になっています。

 

そしてついには専業主婦の申込める銀行カードローンもなくなってしまいましたので、全く収入のない専業主婦はお手上げ状態です。


パートなどで安定収入のある主婦は断然コチラの方が早い!

はじめに専業主婦でも旦那に内緒で即日融資可能な専業主婦カードローンを紹介しましたが、やはり即日融資の可能性は限られていて

 

  • 各銀行口座を持っていない
  • 振込可能時間を過ぎてしまった

と言う時などは即日融資が不可能になってしまいます。ですのでパートなどで安定収入のある主婦は消費者金融のカードローンが

 

  • 審査スピードも早く
  • 審査能力もあります

のでオススメです。プロミスなら金利面でも初回30日無利息サービス(要メールアドレス登録とWeb明細利用の登録)があり、アコムでも最大30日金利ゼロサービスがありますので有利になってきます。

即日融資なら消費者金融のカードローン

プロミス 【最短1時間融資】SMBCコンシューマーファイナンス

プロミスレディース

実質年率:年4.5%~17.8% 借入限度額:最高500万円

WEB完結も対応可能で誰にもバレずに申込める!
パートでも安定収入があれば申込可能なプロミスに申込めば最短即日融資可能です。パートの主婦も女性オペレーターが対応してくれるレディースキャッシングがあり、月々の返済額も1,000円~と小額で安心。
初回30日無利息サービス(要メールアドレス登録とWeb明細利用の登録)を利用して即日融資を受ける事も可能ですのでパート主婦にとっても便利なカードローンです。パートの職場への在籍確認の電話も別の方法で確認してもらう相談が可能です。

アコム 三菱UFJフィナンシャルグループ

実質年率:年3.0%~18.0% 借入限度額:最高800万円

アコムもパートでも安定収入があれば申込可能なので最短即日融資可能です。最大30日金利ゼロサービスがあるので即日融資が希望であればまるまる30日無利息期間があるので最大限に利用できます。
楽天銀行口座を持っていれば契約完了すれば24時間即日振込可能(メンテナンス時間以外)なのもポイントです。

専業主婦の為の即日融資フローチャート

即日融資に焦点を絞るのであればやはり自分の置かれた状況をまず把握しておかないといけません。

自身の収入のない専業主婦?それともパート主婦?

 

  • 自身の収入のない専業主婦は申込む事はできません
  • パート主婦(安定収入がない場合は自身の収入のない専業主婦へ)

このように銀行カードローンが即日融資不可能になった為、主婦の即日融資の選択肢は非常に少なくなってしまいました。銀行カードローンが即日融資可能な時は、

 

  • 振込融資による即日融資が可能なカードローン
  • 振込口座限定で即日融資が可能なカードローン
  • 自動契約機があり即日カード発行可能なカードローン

様々なバリエーションの銀行があったのですが、審査に日数が掛かってしまうようになってしまった為、振込による即日融資はもちろん自動契約機に夜即日カード発行も不可能になってしまったのです。

しかし、パートで安定収入のある主婦であれば、全てのバリエーションの即日融資を備えた大手消費者金融に申し込む事が可能です。

銀行の即日融資についての記述:全国銀行協会パートでお金を借りるパート即日融資

専業主婦への配偶者貸付とは?

配偶者貸付とは収入のない専業主婦(主夫)でも配偶者に安定収入があれば貸付可能という内容の法律です。詳しくは総量規制の対象業者への条文であり、

 

専業主婦(主夫)は総量規制の例外として配偶者と合算して借入が年収の1/3まで借入できる


という風に定められています。ただし、この配偶者貸付を受ける際には以下の金融業者への提出書類が必要になります。

 

  • 配偶者の同意書
  • 配偶者であることを証明する書類(住民票など)

ですので総量規制の対象業者である消費者金融も本来であれば配偶者に安定収入があれば総量規制の範囲内で貸付可能なのですが、この書類の提出のおかげですべて専業主婦を断っている状態です。

専業主婦が借入するならやはり銀行の専業主婦カードローン

ですが、銀行カードローンは総量規制の対象ではないので、配偶者貸付、更には総量規制すら関係ありませんので上記の書類の提出も必要ないのです。

ただやはり低金利な為に審査の厳しい銀行カードローンがホイホイ貸してくれる訳がありません。しっかり配偶者の収入・在籍・同意を確認してからの契約となるので

 

旦那さんにバレずに申込む事が難しいのです!


ですが、専業主婦専用に小額の借入枠の設定があった銀行カードローンでは、

 

  • 収入証明書なし
  • 電話連絡なし

で旦那に内緒で申込めたのですが、現在では申し込みすらできなくなってしまいました。


専業主婦こそ即日融資が必要な時がある

毎日ように同じ事も繰り返しの主婦は本当に大変なものです。食事や洗濯などなど、なんか同じ事を繰り返すばかりで嫌になる時もあります。そんな時に、少しでも家事を手伝ってくれたりしたらうれしいものです。主婦をはじめた時は、

 

ちょっと慣れたら外で働くのもいいのかな?


と考えたりしていました。でも、なかなか実際に働くとなるとそんな事は難しい事なんだなと実感させられてしまいます。今で、

 

育児や家事で精一杯の私なのですが、外で仕事をはじめるなんてとんでもない事


だなと感じました。私の母はずっと共働きで、仕事をしなたら育児と家事をしていた人でした。だから自分もそうできたらいいのかなと思っていたのです。少しでもパートをしていればすぐにお金が欲しい時に借入して旦那に迷惑かけることなく借りることが出来るのでそうしたいと思っていました。

でも、実際に主婦を体験するとやはり仕事をしながら家事をするなんてすごい事なんだなと思っています。母や、共働きをしている人がすごいと思いました。主婦仲間からそれでも

 

専業主婦でも旦那に内緒で即日融資できるキャッシングがあるのよ


と教えてもらうまでそんなこと知る由もありませんでした。私も早く主婦を慣れて、外で働けるようになれればいいのですが、なかなかそれを現実できそうでないのかなと思います。

専業主婦が即日融資可能なカードローンを検証

専業主婦が申込可能なカードローンはそれなりにたくさんあります。貸金業者では編集部で調査したところではベルーナノーティスしか見当たりませんが、銀行カードローンではかなりの数があります。ただし、

 

専業主婦申込可能であっても旦那に内緒で申込めない事には意味がありません


それは専業主婦用の借入枠があるかどうかによって見分ける事ができます。専業主婦用の小額の借入枠があれば、銀行側の貸し倒れリスクを軽減できるので、旦那さんの会社への電話連絡などは省く事ができるのです。なので旦那さんにバレる要素はなくなるのです。

更にその中で即日融資可能となるとかなり数が少なくなってきます。もともと銀行では自動契約機がないので振込するしか即日融資の方法はありません

 

しかし意外にも振込融資も銀行が苦手とすることなのです。


どういうことかというと、提携がうまくいっていないので他行への振込融資は銀行は実は苦手なのです。昔は都市銀行同士、地方銀行同士しか振込ができませんでした。今では他行への振込はできますが、カードローンの融資の振込は別問題になっています。

特にメガバンクや大手地方銀行なんかは他行への振込融資は苦手で、その点銀行同士のしがらみのないネット銀行なんかは他社インフラを使うことでしか銀行として成り立たないので、振込融資を得意としています。

ですので自社ATMを持っている銀行カードローンが即日融資には一番有利で、次に他行の銀行でも即日振込可能な銀行カードローンが即日融資に有利になってきます。後は自行口座なら即日融資可能というパーターンが即日融資可能なギリギリの線です。

また地方銀行のカードローンでは、他行口座に即日振込融資、自行口座に即日融資可能だとしても申込地域の制限があるところがほとんどですのでその地域から申し込みできるかどうかは分かりません。そういったことに注意をして以下の表を参考にしましょう。

専業主婦申込可能な銀行カードローンチェック表

銀行カードローン 専業主婦用の借入枠 申込地域制限 自動契約機 他行即日振込 自行口座即日融資 金利
三菱東京UFJ銀行カードローン 最高30万円 全国対応 銀行店舗に設置 不可能 不可能 年1.8%~14.6%
静岡銀行カードローン セレカ 最高50万円 全国対応 なし 不可能 不可能 年4.0%~14.5%
みずほMy Wing 最大30万円 全国対応 なし 不可能 不可能 年9.0%~14.0%
ソニー銀行カードローン 最大50万円 全国対応 なし 不可能 不可能 年1.9%~14.5%
楽天銀行スーパーローン 最大50万円 全国対応 なし 不可能 不可能 年1.9%~14.5%
ちばぎんカードローン なし 全国対応 なし 不可能 不可能 年1.7%~年14.8%
イオン銀行カードローン 最大50万円 全国対応 なし 不可能 不可能 年3.8%~13.8%
セブン銀行カードローン 10万円・30万円・50万円 全国対応 なし 不可能 不可能 年15.0%
新生銀行カードローン レイク なし 全国対応 あり 不可能 不可能 年4.5%~18.0%
横浜銀行カードローン なし 神奈川県内全地域
東京都内全地域
群馬県内の前橋市・高崎市・桐生市
なし 不可能 不可能 年1.9%~14.6%
福岡銀行カードローン なし 九州・山口県 なし 不可能 不可能 年3.0%~14.5%
常陽銀行キャッシュピット 最高30万円 全国対応 なし 不可能 不可能 年2.5%~年14.8%

専業主婦やパート収入のある主婦の即日融資の体験談

 

平成29年2月頃にプロミスのカードローンを利用して借り入れをしました。パート勤務していたので、申し込み条件にはマッチしていましたし、勤務先や年収、他社借入状況、運転免許証の提出などきちんと事前準備をして申し込みをウェブサイトから行いました。

即日融資を希望していたので、電話にて事前にオペレーターの方へ伝えるときちんと対応してくれたので、審査結果は電話にて対応することができました。とても迅速な対応だったので助かりました。

子供の受験費用や入学金など様々なことでお金が必要になったので、今まで教育費はパート代で何とかしていましたが、まとまったお金が必要になったので一時的にカードローンを利用することにしました。やはり、スピーディに借入ができるのは便利です。

子供の教育費を急いで準備することができたので、カードローンが発行でき、ホッとしました。今回の借入は結果的に成功だったと実感しています。子供の教育費は一時的に必要になり、支払いに間に合ったので良かったです。

お金が貯まったらすぐ返済できるので、パート代が入ったら返済しています。カードローンの申し込みは、きちんと申し込み条件や手続き時に必要な書類など細かいことをしっかり確認しておくことが重要です。少しでも不備があったり偽った情報を提供すると審査結果が残念になることもあり、きちんと正確な情報を伝えることが重要になりますし、スムーズなカードローンの発行ができます。


 

平成13年の夏ごろに、アイフルに申し込みをしました。何故かというと、主人が怪我をしてしまい、働けなくなってしまい、私のパート収入だけでは、賄えなかったので20万円を借りました。仕事をしていたことや、初めての申し込みだったので、会社に在籍してるかなど確認をして、審査はとおりました。

最初は、借入が成功していました。順調に働いていて返済をしていたからです。ところが一転、失敗をし後悔することとなりました。私が妊娠してしまい、仕事を辞めなければいけなくなったのです。一日でも遅れると、すぐ電話がかかってきました。

妊娠中期までは働いていたので、電話がかかってきても対応ができていましたが、いよいよ滞ると毎日鬼のように電話がかかり、しまいには、男性社員が自宅にまでくるようになりました。親族に借りてでも返済をしろ!っと言われ、30分は自宅の玄関に居座っていました。

もう精神的にも追い詰められました。主人も、私が借りていることをしっていました。当時の利率は、29.2%で今では考えられないくらいの高利率でした。無事に出産し、再就職をして追い詰められて悔しい思いをしたし、何より子どもに迷惑をかけたくなかったので、死に物狂いで返済しました。

ちょっとお金に余裕があるときは多めに返済をしました。最後の返済は店舗でしました。あれだけ追い詰めたのに完済すると是非また利用してくださいと言われたので、頭にきて金輪際おたくとは、もうお付きあいはしません!と言って縁を切りました。

そんな経験をして学んだことは、安易に返済できそうにない金額を借りないこと。かりるとしても限度額を最低額にしてもらうことです。以上です。